インタビュー

Interview

石井(獣医師)

出身
千葉県
出身校
酪農学園大学
入社
2017年
石井(獣医師)

ミズノ動物クリニックに入社したきっかけを教えてください。

大学は北海道でしたが、就職先を探そうと考えたときに地元の千葉に戻りたいと思い、千葉県内で就職先を探し始めました。私が就職先を探すときに重視したのは、「人間関係」と「勉強できる環境」でした。

人間関係が上手くいかず、病院を辞めた人の話はよく聞きましたし、動物病院という大変なことも多い職場において、スタッフの仲が良く、いい雰囲気の中で働けるというのは大事なことだと思っていました。

また、私は大学の研究室が基礎系だったので、臨床のことはわからないことが多かったので、しっかり教えてもらえたり、自分で勉強できる環境が整っていることを重視しました。また、女性獣医師として、結婚や出産しても働きたいと考えていたので、早くから経験を積める環境も大事だと考えていました。

実際にミズノに実習させていただいて、院内の雰囲気の良さは実習に行かせていただいた病院の中で1番でした。患者様に寄り添って、親身になって診察されていたのが印象的でした。また、実習に行った日は、診察などとても忙しかったにも関わらず、私のことも気にかけて話しかけてくださったり、スタッフのみなさんの温かさをとても感じました。

獣医師としての勉強面でも、専門医による院内セミナーや先輩による院内セミナーも多くありますし、学会への参加や、自分の興味をもった分野への研修に行かせていただけるなど獣医師として、勉強できる環境はすごく整っていると感じました。
また、努力は必要ですが1年目から手術や診察を任せていただけるところにやりがいがすごくあるなと思いました。先輩方も多いので、しっかり教えてもらえたり、フォローしてもらえて、安心だと感じました。

温かな院内の雰囲気や勉強できる環境にとても魅力を感じて、ミズノ動物クリニックに就職したいと思いました。

ミズノ動物クリニックらしさ、とはどういうところにあるとお感じですか?

石井(獣医師)

患者様に対しても、スタッフに対しても、温かいアットホームな雰囲気だと思います。患者様には、親身になって話を聞いたり、相談したりと、コミュニケーションをしっかりとることを大事にしています。

スタッフ同士では、院内のイベントもたくさんありますし、休日や仕事終わりにスタッフで遊びに行くこともあり、スタッフ同士とても仲が良く、それが、温かな雰囲気につながっていると思います。患者様にもそういった雰囲気が伝わっていると思います。

現在注力していることを教えてください。

今、私は、軟部外科や腫瘍科の勉強に力を入れています。もともと、医療ドラマが好きだったからか外科がやりたかったので、1年目の終わりに何がやりたいかと院長に聞かれたときに「軟部外科がやりたい」と伝えました。

国内や海外の外科のセミナーに行かせて頂いていますし、院内でも手術の助手に入れてもらったり、手術を任せてもらうことも増えてきたので、たくさんの子を手術で助けてあげられるようにより頑張りたいと思っています。

また、軟部外科をするにあたって、どうしても腫瘍の子が多いので、軟部外科がやりたいと伝えたときに、腫瘍科の勉強を勧められ、2年目から大学の腫瘍科に月に1〜2回研修に行かせていただいています。腫瘍認定医の資格の修得を目指して勉強しています。

現在就職・転職活動中の方へのメッセージをお願いします。

石井(獣医師)

就職先を探すのは、迷うことも多く、大変だと思いますが、働く上で自分が大事だと思うことを考えて、優先順位をつけた上で実習に行くと良いと思います。ミズノは、先輩が多く、たくさん教えてもらえますし、院内のセミナーも多くあるので、獣医師として成長できる環境も整っています。また、スタッフの仲がよく、院内の雰囲気がすごくいいと思います。

ご興味もって頂いた方は、ぜひ実習にいらしていただけたらと思います!