スタッフ募集/動物病院/千葉県/獣医師/動物看護師/トリマー

働くスタッフからのメッセージ

獣医師 足立 沙亜耶
Veterinarian Dr.Saaya.Adachi

麻布大学獣医学科 放射線学研究室 卒
2018年1月~ DVMsどうぶつ医療センター横浜
         整形外科リハビリテーション研修医

【主な所属学会・研究会・団体】
千葉県獣医師会、日本動物病院協会(JAHA)、エキゾチックペット研究会

● ミズノ動物クリニックを選んだ理由
 私がミズノ動物クリニックを就職先に選んだ理由は、病院の雰囲気が明るく、スタッフ間の仲の良さがとてもいいと感じたからです。あいさつ、特に「ありがとうございます」の言葉がスタッフ間で飛び交う姿を見て、当たり前のことがしっかりできる病院だなと思いました。また、診察や手術も任せられるため、いろんなことを経験・実践でき、自分自身のスキルをしっかり磨ける病院だと感じました。

● 実際の日常業務、生活環境
 朝は入院管理やペットホテルで預かっている子のお世話があるため、遅くても8時半には集合します。入院数・預かり数によって、集合時間が変動します。9時~12時が午前診察、12時~14時の間に手術や処置を行います。14時~16時は休憩で、16時~19時45分まで午後診察となります。難しい手術がある場合は、診察終了後に行うため、夜遅くに帰宅することもあります。
 獣医師として診察・手術はもちろんですが、病院内の清掃・在庫管理なども業務内容に含まれています。みんな向上心が高く、病院がより良くなるように1人1人が考えて行動し、より居心地のいい動物病院になるよう心がけています。
 生活面では車がないとやや不便ではありますが、大型のモールやホームセンターが近くにあり、また24時まで開いているスーパーもあったりと、とても暮らしやすい環境です。住みやすい町NO.1にも選ばれたことがあるそうですよ。

● 社員教育
 ミズノ動物クリニックでは、院内セミナーが度々開催されます。眼科、循環器、画像診断、リハビリテーションなどの各分野において、専門の先生をお招きして講義をしていただいています。
 また学術だけではなく、接遇・マナーに対するセミナーも定期的に開催されるため、社会人としての大切な振る舞いなども学べます。
 副院長・看護師長・トリマー長が中心となって、どうしたらよりよい病院になるか?どうしたら問題が解決できるか?というのを、院長がいない状態でスタッフ全員が考える場があります。自分の振る舞いを反省する場にもなりますし、みんなの意見を聞けるため、普段の意識も変わります。ミズノ動物クリニックは、スタッフ全員がよりよい動物病院にするために、常に自ら考えて行動できる病院だと感じています。

● ミズノ動物クリニックに就職して良かったと思うこと
 スタッフの仲が本当にいいところですね。休日や診療後にご飯に行ったり、スノーボードや観光におでかけすることも多いです。みんなアクティビティが大好きなので、なにか企画して声かけすると、集まりすぎて半分に分かれて行くことも多いです。
 診療や手術においても、先輩獣医師がしっかりサポートしてくれるため、どんな考えで望めばいいのか、どんな手順でやっていけばいいのか、しっかり教えてくれます。ある程度診察に慣れてきた段階だと、しっかり自分で考えて診断・治療していくため、より一層責任感がうまれます。もちろん、診察に悩んだ時は先輩獣医師がしっかり相談にのってくれるため、自分の見落としなどにも気づくことができます。一生懸命診察をして指名が増えてくると本当に嬉しいですし、この子のために、飼い主様のために、私ができることはもっとないのだろうかとより一層考える自分もいます。
 ミズノ動物クリニックでは、興味のある分野を強めていけるサポートがあります。院長の考えで、若い時から自分が興味のある分野を強みにできるように、セミナー費などを病院でサポートしてもらっています。その分病院にバックしないといけないので、より頑張る意欲も増します。私は今まで思ったこともなかったリハビリテーションを提案していただき、今では一番興味のある分野となり、勉強させていただいています。
 ミズノ動物クリニックには、自ら考え行動してく人材が必要だと感じています。よりよい病院を一緒に考えていける、そんな仲間が増えたらいいなと思っています。
院長のぼやき スタッフの小言 わんこの散髪